06 6448 1333

OUR WORKS ワンリノベーションの事例

ニューライフ本町

大阪市西区立売堀1丁目|構造:鉄筋コンクリート造|階数:|敷地面積:33.6㎡

カフェやアパレルなどの人気店舗が多数ある大阪西区立売堀、築30年の賃貸マンションの一室。 改装前の間取りは33.22平方メートルの1DK、スリーインワンのユニットバス仕様 (バスルームの中にトイレがあるタイプ)です。 今回のモデルルームは、通常フローリングを貼るための下地材として使用するラワン合板をそのまま仕上げとしています。 床の一部には水性塗料でトライバルタトゥーを手描きしました。トライバルはポリネシアンで行われている伝統的な刺青模様のこと。 室内を人に見立てて描きました。 玄関を入ると同時に全てが見渡せてしまい、プライベートを隠すのが難しいワンルーム。 今回は廊下からリビング、リビングの奥にキッチン、その奥にバスルームというはっきりとした動線を用意することで、見せたくない部分はきちんと隠せる設計に。 また、人は全て見渡せない状態に置かれると本能的にその奥を想像するため、実際より広く感じる効果もあります。ここなら人を招きたくなる、そんなワンルームです。 コストダウンのノウハウにアート要素を加えたリノベーションで、ワンルーム投資ゲームに新しい風を送りたいと考えています。

works01

works01

BLOG ワンリノベーションのブログ

『呼びたくなる』のが、強い部屋

2017.1.24

この部屋を見た人は全員、ひとつのキーワードでつながるはずです。



newrife4

 

 

「スペードの部屋」。

ネットサーフィンしながら、どの部屋にしようか迷っている利用者の方を想像してみてください。

同程度のスペックの部屋を並べて比べている場合、記憶の引き出しの上の方にしまわれるのは視覚的に訴える部屋。

「スペードの部屋」のように、無意識に愛称で呼びたくなる視認性は、選ばれるための切り札になります。

 

rion2

 

 

 

こちらのお部屋はコスト削減が最優先事項だったため、水まわりはすべて業務用の設備を使用しています。塗装はスペード以外全て白。むきだしの配管も、ミニマルなつくりに似合う仕上がりになりました。

ウィークポイントをプラスに変換するのはデザインの力。

「◯◯の部屋」と呼ばせる視認性の良さもしかりです。

 

ブログの記事一覧 |  「非日常感」で訴求する →

SERVICE AREA 対応地域

大阪府対応エリア   大阪/吹田/豊中/箕面
兵庫県対応エリア   神戸/尼崎/西宮/芦屋/伊丹/宝塚/川西/三田/猪名川/明石/加古川三木/姫路
奈良県対応エリア   生駒/奈良
和歌山県対応エリア   和歌山
京都府対応エリア   京都/向日/長岡京/大山崎/宇治/城陽/八幡/京田辺

エリアマップ